ECのミカタカレッジ

セミナー受講規約

本規約は、ECのミカタ株式会社(以下、「甲」という)が運営する全てのセミナー受講者(以下「乙」という)に対し適用します。

第1条(目的)
甲が開催するセミナーは、セミナーを通じ、甲がその有する知識、情報、事例、ノウハウ等(以下「ノウハウ等」という)を乙に提供することにより、乙に適正な事業運営、業績の向上を目指すことを目的とします。
第2条(受講契約の成立)
講座の受講申込みは、甲が定める所定の方法に従って行うものとし、丙が甲に申込を行い講座受講料を支払った後、甲が承諾した旨のメール文面、書面など(以下「文書」という)が丙に通知された日に成立するものとします。但し、丙が乙に直接申みを行う講座に限り乙が定める所定の方法に従って行うものとします。
第3条 受講料
講座ごとに、甲が別途定めるものとします。
第4条 決済方法
講座の受講料の決済方法は次に定めるとおりとします。 (1)銀行振込
受講料を甲が指定する口座へ振込。(振込の際にかかる振込手数料は受講者の負担とします。)
(2)クレジット決済 甲がクレジット決済を認めた講座においてのみ、甲所定の方法でカード決済。
(3)その他
乙が実施する講座においてのみ、乙が指定する決済方法を設ける場合がある
第4条(受講申込の取消)
1)乙が、乙の都合により受講資格を取り消そうとする場合は、その取り消す時期に応じたキャンセル料を甲へ支払うものとします。但し、乙の代理人が受講する場合、及び同料金の他講座の振替受講を行う場合は、以下のキャンセル料は発生しません。
①開催日4営業日前まで・・・受講料金の50%
②開催日3営業日前~当日まで・・・受講料金の100%
(2)キャンセル料の支払いは、甲指定の銀行口座へ振り込むものとします(手数料等は乙負担)。但し、甲が乙より事前に受講料の支払いを受けている場合、相殺又は甲からの返戻とし、この場合の手数料についても乙の負担とします。
第5条(登録情報の使用)
(1)甲は、本サイト掲載のプライバシーポリシーに従い、乙の登録情報及び乙がセミナーを受講する過程における甲が知り得た情報(以下「受講者情報」という)を使用することができるものとします。
(2)甲は、セミナー内容の撮影及び録音を行い、資料又は販促物として、甲のホームページ等の関連媒体へ掲載あるいは販売を行う場合があります。
第6条(遵守事項及び確認事項)
乙は第三者に対し、甲のセミナー内容をいかなる方法においても頒布、販売、譲渡、複写・複製、貸与、修正、使用許諾等を行ってはならないものとします。また、甲のセミナー中許可なく撮影・録音を行うことを固く禁じます。
第7条(セミナーの中止・中断及び変更)
(1)甲は、セミナーの運営上やむを得ない場合には、乙への事前の通知なく、セミナーの運営を中止・中断できるものとします。
(2)前項の場合には、甲はセミナーの中止時又は中断後15営業日以内に、当該セミナーについての受講料金を返金します。但し、甲の責任は、乙が甲に支払った受講料金の返金に限られ、その他一切の責任を負わないものとします。
第8条(秘密保持)
乙は、セミナーを受講するにあたり、甲より開示された甲固有の技術上、営業上その他事業の情報(セミナー内で提供するノウハウ、助言、提案の内容等の一切を含むが、それに限らない)並びにその他の乙より開示されたプライバシーに関する情報および他社事例に関する情報を秘密情報として扱うものとし、当該情報の使用又は第三者への開示を禁じます。
第9条(了解事項)
甲のセミナーにおける業務は、乙に対する助言、提案は、甲が乙のビジネスに係る一定の成果を保証するものでなく、甲が提供したノウハウ等に基づき乙がなしたビジネスの結果に対して、甲はその責を負わないものとします。また、乙は甲に対し損害賠償もしくは受講料金の返還等、何ら請求できないものとします。
第14条(損害賠償)
乙が、セミナーに起因し又は関連して甲に損害を与えた場合、乙は甲に対し一切の損害を賠償するものとします。また、セミナーに起因し又は関連して、乙と他の乙その他の第三者間で紛争が発生した場合、乙は自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、甲に生じた一切の損害を賠償するものとします。
第15条(管轄裁判所)
本契約を巡る一切の紛争は、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
第16条(協議事項)
本規約の解釈につき疑義が生じた場合又は定めのない事項については、信義誠実の原則に従い甲乙協議の上、円滑に解決を図るものとします。

付則 本規約は平成30年9月1日より実施するものとします。

ECのミカタカレッジ

お問合せはこちら

お電話でのご相談0120-089-741